蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」縲∵紛菴・ 閼頑、主・蠑ッ逞・・遏ッ豁」縲∵紛菴・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」縲∵紛菴・ 蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 閼頑、主・蠑ッ逞・・遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 謨エ菴薙€∝・蠑ッ逞・ 謨エ菴薙€∬ш讀主・蠑ッ逞・ 謨エ菴薙€∬ш譟ア蛛エ蠑ッ逞・ 謨エ菴薙→蛛エ蠑ッ逞・ 謨エ菴薙→閼頑、主・蠑ッ逞・ 謨エ菴薙→閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・ 謨エ菴薙€∝・蠑ッ逞・・豐サ逋・ 謨エ菴薙€∬ш讀主・蠑ッ逞・・豐サ逋・ 謨エ菴薙€∬ш譟ア蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋・ 謨エ菴薙→蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋・ 謨エ菴薙→閼頑、主・蠑ッ逞・・豐サ逋・ 謨エ菴薙→閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋・ 謨エ菴薙€∝・蠑ッ逞・・遏ッ豁」

側弯症と整体の治療法


側弯症(そくわんしょう)とは?


「側彎症」は脊椎側弯症とか脊柱側弯症などと言われています。脊椎は正しい状態であったならば前面あるいは後面から観察すると背骨は真っ直ぐのびている。しかし、側方に曲がったり脊椎が捻じれていることがあり、このような背骨を脊椎側弯症または側弯症と呼ぶ。「側弯症」は、痛みを伴うことはほとんど無いため初期における診断はとても難しく、ある程度成長してから気づくことが多いようです。気付いた頃には、大きく歪んでしまっている場合もあり、成長が続いている時は、ときどき背骨の歪みをチェックして「側彎症」なっているかを確かめることが必要なんです。

側弯症になる原因は?


最近では、「側彎症」を原因ごとに分類するようになっています。側弯症には、以下のような分類がある。

特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)


特発性側彎症とは、原因不明の側弯症の通称です。この特発性側彎症が側弯症の80-85%をしめている。成長するときに「側彎症」は発症し、おおくが思春期に出現することから小学4年生くらいから中学3年生くらいまでが注意が必要。だいたい1対7の割合で女子に多く、その中でも初経前後の女に多く発症し、細身の女子中学生でも発症しやすく、生活習慣は関係ないようです。背骨の発育や成長がしなくなるまで歪み続ける傾向があることから、発現年齢が若く、残りの成長期間が多いほど歪みが大きくなる可能性が高く、一般に、骨成長が成熟期になると背骨の湾曲がが急に進行することはなくなるようです。

胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)などの先天的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発現します。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)


脳(のう)や脊髄(せきずい)などの異常によって発現します。

筋原生側弯症


筋肉の異常により正しい姿勢を保持することができないことで発現する。

外傷性側弯症


外傷を負ったことで発現します。事故など体に力が加えられたことが原因で背骨が湾曲してしまうことがあります。骨折や捻挫、それらの後遺症などによって脊椎が曲がり側弯症に発展します。

姿勢が原因になる側弯症


日常の姿勢で姿勢が悪いと側弯症になることがあるのです。この「側弯症」は、脊椎の変形をともなうことは少ない。長い時間の歪んだ姿勢は、肋骨や背骨が変形することもありますが、特発性のような変形はしません。姿勢が原因で起こる「側彎症」は、整体の治療や普段の姿勢を正していることで治すことが可能です。

身体に影響する側弯症


脊椎が大きく歪む側弯症は、健康に色々な悪影響を及ぼす。外観の問題、身体機能への悪影響、肩こりや腰痛などみたいな痛みや不快な症状など。

容姿の問題


脊椎が左右に歪むだけじゃなく、骨自体が捻じれながら左右に歪むためやがて肋骨なども変形し、凸側の肋骨が背面に張りだすと、女の場合は乳房が左右不均等になり背中が突出するなど外見に影響が現れる。これらの背骨や姿勢の変形により、羞恥心や劣等感など精神に悪影響を与える場合もあります。重度の側弯症では、子供に遺伝するかもしれないと考えて結婚の壁になる場合もあるそうです。

身体への側弯症の影響


肺の圧迫と変形により起こる呼吸器障害・循環器障害など内臓面にも影響を及ぼす。進行すると凸側の肋骨の前後がつぶれるように変形し、肺、心臓などの臓器を圧迫することで悪影響が出る。側湾が70度を超えた時は肺活量が極端に減り90度を超えると心臓や肺の機能にも大きく影響し平均余命が短くなると言われています。

側弯症による痛みや凝り


腰椎は、肋骨がなく主に靱帯と筋肉によって支えられているため、胸椎よりもかかる負担が大きい。また椎間板(ついかんばん)への影響もあって、側湾が45度を超えると椎間板(ついかんばん)への負荷が不均等となり、椎間板(ついかんばん)の痛み、腰の痛みの要因になります。脊椎の曲がりは、関節や骨格を支える筋肉・靱帯に大きな負荷をかける為に、痛みや凝りの要因になるようです。急性の症状や慢性の痛みなどの様々な凝りや痛みの要因になるのですが、側弯症のなり初めや軽い側弯症では痛みや凝りが出現することは少なく、だいたいの場合凝りや痛みが出現するのは歪みが大きくなったひどい「側彎症」になってからみたいです。

側弯症の検査


日本は、乳幼児や学校の検診で側弯症の検査がおこなわれており、1980年頃よりモアレによる検診が普及して、早期発見が可能になった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診(家庭で評価ののち学校医による視触診が実施され総合判定)が学校での検診の必須項目に加えられた。予防方法は分かってなくて早期の発見に保存療法を行うことに利点があるようです。非観血的治療には、カイロプラクティックや整体のような民間療法もあるようです。しかし、整体やカイロプラクティックなどの骨格の矯正を専門とする治療法でも側弯症に特に有効な予防法や治療の方法は発見されていません。

側弯症の治療


医療で行う「側弯症」の治療は、装具による治療法と手術による治療にの二種類にわけられます。

装具などによる側弯症の治療


25度以上と診断されてしまうと専用の装具による固定療法が行われることがおおいようです。コルセットのような装具で曲がりが完全になくなる(完治する)ことは無いが、コルセットは少しは悪化を遅くするため、手術をしなければならなくなったとしてもそのタイミングを遅らせることが期待できる。しかしながら、コルセットなどの装具を付けての日常生活は苦痛を伴う為、装具の装着を途中で辞めてしまう方も数多く、現実には、その効果を実感する人は少ない。また長い間装着することが必要になるが、「側彎症」の進行が終わる時期、つまり成長が止まるまで着用する必要があって「側弯症」の装具での治療方法はとても忍耐が必要なものになる。

手術による治療


50度以上と診察されるとスクリューやロッドを挿入し脊椎を調整するする手術を行う。この場合も完全に治ることはありません。外科の手術による「側彎症」の治療後は、脊椎の可動性は少なくなります。また、「側彎症」の湾曲に伴い、肋骨の歪みがあり、肋骨の歪みの度合いによっては、肋骨の切除が行われることもあるようです。大変な手術になるため、体への負担を心配して外科手術をためらう人達もいます。

整体の施術


背骨の矯正を主とする整体には「側弯症」の方達が多数来院します。整体は古くから「側弯症」の施術を考えてきた歴史がある。しかしながら、今でも全ての「側彎症」に有効な治療方法は見つかっていないようです。しかし、一部の側弯症に関しては効果的で大きな改善が見られることがあるようです。気を付けた方がいいのは、「「側彎症」は簡単に治ります」とか「側湾専門」など、あたかも「側彎症」が治る病気かのように宣伝す整体は詐欺のような整体かも!整体の調整で良くなる「側弯症」は、「側弯症」全体の一部のある条件がそろった側弯症のみなんです。側弯症が改善するなどと簡単に言う治療院に行くのは考えた方がいいかもしれません。そのことも考慮したうえであれば整体の矯正をを受けてみるのはいいと思います。

カイロプラクティック整体カイロ整体痛み、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側弯o脚x脚メンテナンス背骨ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤体調不良カイロプラクティック整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です