謨エ菴薙→縺弱▲縺上j閻ー

磐田市、ぎっくり腰、整体h1 class=”title style-scope ytd-video-primary-info-renderer”>らなきゃよかった地味に悲しくなる雑学10選

【漫画】「もしあと1年で人生が終わるとしたら?」をわかりやすく解説【要約/小澤竹俊】


【実話】国会議員の特権。 毎月100万円支給される風○用の100万円…使用用途不明の「文書通信交通滞在費」に立法コンサルタントがメス


タフト 軽自動車でACC 120km対応してるか?【新東名高速道路】日本のアウトバーン走って 青木ヶ原樹海を探検


【海外の反応】「日本人よ!嘘は良くない!」日本の恐ろしい奇橋に海外が大興!!


パチプロになるとどんな生活になる?年収1000万の戦い・・・!



「ぎっくり腰」


ギックリ腰


一般にこの状態すなわち、重量のある荷物などを持とうとした時に急に強い腰痛が発症して立っていることさえできなくなる状況を「ぎっくり腰(ぎっくりごし)」の通称でいいます。 医学的にギックリ腰は、急性腰痛症といい腰部に突然痛みが出る病で筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状を言います。 急に発生する筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)の他、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間関節捻挫や仙腸関節性腰痛などの病態が多いが、稀にスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同じような症状を発症する。 発症要因等もいろいろであるが、主に運動不足や年齢などが考えられます。 なお、腫瘍などが原因で起こっている場合は、安静痛や夜間痛があるので「ぎっくり腰」みたいに損傷事由を特定できることは少ない。 近頃では、原因を特定できない腰痛を非特異的腰痛と呼びストレスの影響があるのではないかといわれている。

ぎっくり腰の予防


予防策としては、荷物など持つ際に足場の悪いところで無理な姿勢で持たないように気を付けることや重量物はできるだけ運ばずに済むように荷物の収納方法を普段から工夫しておくことも有効である。 また、睡眠不足などでかつ疲れ気味の時に起きやすいようで、そんな環境にならないように予防を講じるのも一つの方法になります。 可能なら常日頃から軽い運動をして腰部まわりから背中にかけての筋肉が弱くならないようにすることがある程度効果的である。

ぎっくり腰の診断


一般に行われる検査では、おもに、レントゲンとMRIです。 整形学的検査をする事もありますが、近頃ではMRIとレントゲンだけということが多いみたいです。 「ギックリ腰」は、MRIとレントゲンなどの診断を受けても原因は不明といわれることが以外におおく、その原因としては、脱臼、筋肉、骨折や靱帯などのひどい損傷がなければ、MRIとレントゲンなどの画像診断には写らないので、少しの損傷に関してはMRIとレントゲンを受けてもわからないということになるようです。 ぎっくり腰でMRIとレントゲンなどの診断をやっても「異常はありません」といわれるだけです。

ぎっくり腰の一般的な治療


ぎっくり腰の初期対応


いきなり起こる「ぎっくり腰」の初めの対応は、動かず安静にして患部を冷却することです。 「ぎっくり腰」などのような急性腰痛の多くは、軟部組織の損傷をともなうことがおおく、傷めてすぐに動かないことと冷やすことが大事です。 「ぎっくり腰」の中には疼痛はあるものの動けることもあります。 しかし、「ぎっくり腰」の疼痛は数時間をかけてちょっとずつ悪くなることが多くて我慢すれば仕事ができるからといって動いてしまうと、後々腰痛がひどくなる要因になります。 軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷がある可能性が高いということを考慮して冷やすことで炎症を抑える効果があると言われています。 しかし、冷却しても痛みが極端に減ることがない為、疼痛の減少を感じるほどのことはありません。

鎮痛剤など


一般に「ぎっくり腰」では、鎮痛剤を処方されます。 痛み止めでぎっくり腰の痛みを抑えて自然に回復するのを目指します。

痛み止めの湿布


湿布も病院で一般的に出されます。 だが「ぎっくり腰」みたいな急性腰痛では鎮痛剤の方が痛みを軽くするにはいいみたいです。

注射


痛みがひどい時は、注射をします。 痛み場所の局所的な麻酔と背骨の神経に注射をするブロック注射があるのです。 ブロック注射は疼痛に対してとても効くことが多いかわりにときどき事故も起こります。

コルセットなど


ちょっと動くだけで痛みを発する「ぎっくり腰」に、腰を固定するコルセットはすごく効果的な方法の一つになります。 疾患部位に負担が加わると患部を刺激して痛みが出るので、腰部を固定して動きを制限し患部の痛みを軽減する。

ぎっくり腰を整体の治療


病院の治療に加えて整体みたいな手技療法も「ぎっくり腰」の治療として考えている人もいるのではないでしょうか?整体でされている「ぎっくり腰」の治療とは、どのようなものでしょうか?整体は背骨をボキッってしているイメージが強いと思います。 整体は、一般的に関節の歪みを治療して身体を整える治療です。 「整体で矯正をしたら帰りには痛みは消えて歩いて帰れた」とか「たった一度の施術で良くなった」のような話はよく聞きます。 一般的に腰を大きく損傷している「ぎっくり腰」には、ボキッとするような大きな力を加える治療はしません。 優しく歪んだ背骨を施術します。 微妙な背骨や骨盤のズレでも腰辺りに疼痛を発症することがあるようです。 このような場合には整体はとても効果を発揮します。 腰椎のズレや骨盤の関節などこの微妙な骨の歪みを整えることによって、激痛が一瞬で無くなることがある。 ただし、ぎっくり腰のような急性腰痛にたいしてボキボキするような強い治療をする所にいくのは注意しましょう。 中には、ぎっくり腰のような急性腰痛に対し強い治療をおこないひどくなる場合がある。 良い整体は、急性腰痛に対してどのようなときも強い修正を行うことはない。
浜松市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。