逕」蠕後€・ェィ逶、遏ッ豁」

浜松市中区、産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正を受けたいと思いますか?


産後に受ける産後の「骨盤矯正」をご存じですか?最近子供を出産された方で知らない方達はないんじゃないでしょうか?産後に「骨盤矯正」が行われるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。 30年前にも産後の「骨盤矯正」はありましたが、この頃のように一般の人には周知されていませんでした。 30年前くらいに雑誌やテレビに取り上げられるようになりだんだんと産後の「骨盤矯正」は一般人にも知ってもらえるようになりました。

産後の骨盤は歪むの?


赤ちゃんを出産する時「骨盤」は赤ちゃんが骨盤を通り抜けやすいように骨盤の関節が左右に広がります。 普段可動できない骨盤の仙腸関節は赤ちゃんを産むのが少しでも苦痛がないようにホルモンで柔軟性が増しわずかに広がります。 一番に左右の恥骨の間と左右の坐骨の間が左右に広がります。 仙骨と腸骨の間にある仙腸関節は動きはありますが広がったりはしない。 骨盤の関節が柔らかくなり始めるのは出産より前からで産後最高に広がります。 広がった「骨盤」産後元通りに戻ります。

骨盤は産後に歪む?


普通、産後「骨盤」は元の状態に戻ります。 だが、出産後元通りに戻らず腰痛や坐骨神経痛などを発病することがあります。 どうして骨盤は歪むのでしょうか?

赤ちゃんが原因で骨盤が歪む


妊娠中に赤ちゃんが徐々に大きくなります。 大きくなってきたお腹の赤ちゃんに骨盤が中から押し広げられて骨盤がズレます。

生活習慣で歪む


日常生活(妊娠中に限らず)で、「骨盤」がズレるような癖がある場合。 もともと骨盤が歪んでいれば、出産後にもそのズレが持続することがある。 出産後骨盤は赤ちゃんの出産前の骨盤に戻るが、もともとの骨盤の関節が歪んでいれば、ズレた状態になります。

出産後骨盤が元に戻らない


出産後骨盤は元の骨盤になろうとしますが、いくつかの要因で元に戻らず、歪んだ状態になってしまうことがあります。 この場合、痛みが出ることがある。 痛みを発する場所は、恥骨辺りの場合もありますが、腰に出る場合もあります。

出産後の生活で骨盤が歪む


出産後しばらくのあいだは、骨盤の関節は緩くなった状態になっていたりします。 そのような時期に子供の授乳などの歪んだ姿勢で座る時間が長時間続いたりすると産後「骨盤」が正しく戻った後でも徐々にズレてしまいます。

自分で行う産後の骨盤矯正


近頃では、婦人科などでも「骨盤」のズレに対して「骨盤」を不安定な状態から安定させるように圧迫する骨盤ベルトを使用するようにススメる場合もあります。 またネット、テレビ、雑誌で自分自身で「骨盤」の歪みを修正する骨盤矯正体操なども紹介されるようになった。 婦人科ですすめるような骨盤ベルト骨盤をズレないように「骨盤」の仙腸関節を固定するだけです。 婦人科では、どのように骨盤が曲がっているかを確かめることはない。 産後「骨盤」が緩んでいることを前提に簡単に固定してあげるだけなのです。 骨盤矯正体操は、柔軟などの体操や骨盤にゴムチューブを巻いて腰を動かしたりして骨盤を歪んでいない状態に戻そうとするものですが、自分自身の骨盤の状況がどんなふうに歪んでいるかを知る方法を教えてくれないので自分の「骨盤」の歪みの状態を知ることはできない。 柔軟や骨盤を動かすエクササイズをやっても自分自身の「骨盤」のズレを知らなければ、正常な骨盤に改善するには、どちらの方向に矯正を加えていいか判断できません。 自分の状態が分かっていないのにおこなう「骨盤矯正」のストレッチなどの矯正体操は、動かしている間に運よく理想的な場所になるかもという「偶然を願う神頼み」と同じようなものです。

整体で行う骨盤矯正


骨格矯正の専門家である「整体」は、骨盤矯正のプロでもあります。 整体では骨盤の歪みを検査して、「骨盤」の歪みを理想的な状態に治すように骨盤を治療していきます。 骨盤を正しい状態に戻すには、「骨盤」のズレている状態を確かめる必要があります。 骨盤の状況を把握しなければ、どのように骨盤を矯正すれば元の状態に戻すことができるか分かりません。 前述の一般的な骨盤矯正は、骨盤の状況を考えずに調整を加える為、悪くするとズレが悪化することもあります。 このようなことは珍しくありません。 産後の「骨盤矯正」をしようと考えているのであれば、整体で施術することが一番推奨されます。 またエステなどの「骨盤矯正」は、個人的な印象なんですが、「骨盤」の歪みが無いのに大げさに骨盤がズレていると来た人を不安な気持ちにさせ必要の無い調整を長期にわたって行う傾向がよくあるように思います。 正直信用できない所も多いような気がします。

産後に骨盤矯正は必要?


近頃の「骨盤矯正」の広告を見ていると、産後の骨盤矯正は、必ず受けるべきだ言わんばかりの宣伝文句が目立ちます。 「骨盤矯正」は出産後どうしてもするべきなのでしょうか?その答えは「NO」です。 骨盤矯正が必ず必要なくらい体に影響するのであれば、「骨盤矯正」が存在しなかった時はどうだったんでしょうか?「骨盤矯正」ができなかった時代でも問題無く人間は赤ちゃんと産んでいました。 産後骨盤のほとんどは、出産前の正しい状態に普通にもどります。 しかし、その中には出産後に骨盤が曲がってしまう方達が少なからずいます。 大多数の人は、産後の骨盤矯正は必要ではありません。 「骨盤矯正」が必要な人は、出産後なんらかの異常を生じた場合だけです。 産後「骨盤」のズレが心配であれば、ちゃんと検査をしてくれる整体に通いましょう。 正直な「整体」では、「太りやすくなる」「体形が崩れる」などと言って骨盤矯正を奨めることはありません。 しっかりした整体は、歪んでいない骨盤をズレていると言って不必要な骨盤矯正をすすめることはありません。 大多数の人達は、産後の骨盤矯正はしなくていいことを知っておいて下さい。

患者を不安にさせるトークをする治療院は要注意!


「骨盤」のズレを治さずにいると「体形が崩れる」「下半身太りになる」「太りやすくなる」など必要以上に産後の「骨盤矯正」をすすめるエステや整体などは一度考えてからにして下さい。 出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは「骨盤」が歪んだのが要因ですか?これらの要因のほとんどは骨盤じゃなく生活習慣です。 赤ちゃんができて習慣が大きく変化すると、太ったりして体形が変化することは特別なことではありません。 しかし、産後「骨盤矯正」を宣伝するエステや治療院は、産後の体の変化をすべて骨盤の歪みのせいにして、「骨盤矯正をすれば体形をもどせます」と広告するのです。 体形が崩れる原因が骨盤のズレであれば、骨盤の歪みを調整するだけで体形の変化を元にもどすことができるはずですが、骨盤矯正だけで体が元どうりに戻る人はわずかです。 その為、ダイエットサプリやストレッチや筋トレなどの運動も同時並行して処方しようとする治療院が多く、骨盤矯正では体形は元に戻せないと白状しているのと同じことです。 「骨盤矯正」に期待をすることは大きな間違いです。 騙そうとする治療院やエステには気を付けて下さい。 磐田市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。