カイロプラクティック

ブログ

円福山 豊川閣 妙厳寺(豊川稲荷)に行きました(^_^)


愛知県にある曹洞宗のお寺です(^_^)
稲荷といえば神社ですよね
しかし豊川稲荷は神社ではなくてお寺なんです!
正式には「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺みたいです(^O^)
すごく大きな寺院で、初詣の時期はたくさんの人で賑わいます。
豊川稲荷は「狐」を信仰対象にしているように思うかもしれませんが、信仰対象は吒枳尼天っていう名前の神様らしいですよ(*^▽^*)切り火をしてくれた方の話によると「吒枳尼天」が「狐」に乗って現れたということで「狐」も祭っているみたいなこと言ってました(^_^)/
1-003●●●●●●●●●●

豊川稲荷(円福山 豊川閣 妙厳寺)のおススメは!

お賽銭を投げて帰ってくるだけなんてもったいない(^^♪
奥も周って探検してみましょう(^_-)-☆
お賽銭を投げる建物の右の方を奥の方に行くと、大黒天とか毘沙門天とか祭ってる祠(ほこら)が並んでいます(#^^#)さらに奥に行くと「狐塚」の案内がありますので「狐塚」を見に行ってみましょう(*^^)v
霊狐塚(れいこづか)と言うようですが、石で作られた狐が沢山並んでいて、少し不気味な感じもしますが他の所にはなかなか無いと思うのでしっかり見にいっておきましょう(^_^)

「切り火」もしてこよう!

霊狐塚(れいこづか)の入り口付近にある建物で切り火がしていただけます。
切り火とは、時代劇とかで見たことある人たちも多いと思いますが、家から出る時に火打石でカチカチして火花を飛ばしているやつです(*^^)v
正確にはしらないんですが、お清めの儀式みたいです(*^_^*)
沢山の人が切り火の案内に気づかず通り過ぎている感じがします(僕も教えてもらうまでは気が付かずに通り過ぎていた(^_^;))。
祠の賽銭箱や扉の所に案内の紙が貼ってあるので気が付くと思います!切り火をしてもらう料金は「お気持ち」ってことみたいですが、お金を置く台の所に1000円札が置いてあるので千円札が相場なのかなと思っていつも1000円おいてきます(;’∀’)切り火は、時代劇みたいにカチカチというふうではなく、シャッ!シャッ!って感じで沢山火花が飛びます!最後は財布を開けて下さいと言われ財布の中にも切り火をしてくれるので、なんか金運がやってきそうな気にさせてくれます(^^)v

切り火を終えたら狐を触ってみよう(*^-^*)

切り火してもらえる祠に入ると前の方に二つの木でできた狐があるんです!この「狐」、大岡越前が納めた「狐」らしいんです(^_^)/一度触ってきてみて下さい(*^▽^*)ちなみに、切り火をする火打石は門前の商店街の仏具屋さんでかうことができます(*^-^*)家でもシャッ!シャッ!って火花を飛ばしてお清めするのもいいかもしれません(*^-^*)
ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。